■プロフィール

大阪のシノハラ

Author:大阪のシノハラ
排泄オタクの訪問ヘルパーです。

いただいたコメントは管理者の承認後公開になりますので、非公開希望のコメントやアドレスなどはロックをお願いいたします。

「ごきげんさん」連絡先
メールアドレス haisetu.gokigensan@gmail.com

電話 080-4248-8102
  (平日14時~17時、着信専用)

■セミナー・研修情報

告知・情報ご自由に書き込んでください  (問い合わせ先は明記で)

■最新記事
■リンク
■スケジュール帳
■最新コメント
■月別アーカイブ
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
引越し
きょうのカテゴリは相談日誌

まだ、何も相談を受けていないんですが。

「相談したいな~~」という人に

来ていただくための場所


作りに取り掛かっています。



知り合いにご好意で場所を貸していただくことになり、自宅や今まで借りていたレンタルボックスから、

オムツ類の引越しをしました。


最初は倉庫代わりにのみに場所をお借りするはずだったんですけれど、

空きスペースを見せていただいて

「これは、展示スペース兼用できるやん!!」って思いました。

「お願いしまーす」って、持ち主さんにごり押ししたおして、押し切り寄り倒し(笑)

どんどん進む私にちょっとひいておられたけれど、ありがたいことに理解していただきました。

あくまでもご好意で貸してくださるので、無茶なことはしないように、ご迷惑がかからないように、

気をつけて運営していこうと思っています。


引越しは車の運転が出来ない私をいつもの相棒がまたまた助けてくれました。

お家にあるバンを運転してきて、一緒に荷物を運んでくれました。

「いいねんよ~、スキでやってるし、迷惑ちゃうし」ってな感じです。

めっちゃ迷惑かけてるのに、嫌な顔なんて見たことがない。

勝手に考えて推し進めてきた「ごきげんさん」をいつも手伝ってくれて、相談に乗ってくれて

本当にありがたい相棒です。

彼女が何かをするときは絶対に手伝おうと思っています。



ぼちぼち片付けて、来ていただいても大丈夫な場所になったら、またお知らせをしたいと思います。



オムツやパッドだけで排泄のトラブルをすべて解決できるわけではありません。

でも、オムツ・パッド選びをお手伝いして、試用してもらって、使い方のアドバイスができれば

悩みが少なくなる方もおられると思います。



今までは電話やメールで相談を受けて、当てはまりそうな物を選んで

原付で持って出かけていたんですが、お会いして直接話しを伺うと、

まったく状況が違うということもよくあり、また持って行ってないものは

言葉では説明しにくかったので、相談を受けにくかったんです。



相談場所ができたら、いろいろな物を見ていただきながら話しができるので、

頑張って、でもぼちぼちと整えていこうと思っています(^^♪






















スポンサーサイト


相談日誌 | 13:51:27 | トラックバック(1) | コメント(5)
勉強会と交流会
今日は私にしては珍しく、行事のはしごでした。

午前中は「ひとにやさしい介助」の今年第1回の勉強会です。
午前中はスタッフミーティングで、午後は参加者を交えての勉強会です。
午後からの勉強会は新規の参加者が何人か居られたので、どんな風になるのか気になりながら、
自宅に一度戻り、オムツを抱えて午後の会場に行きました。

吹田市の歴史的な建物「浜屋敷」での催しに参加してきました。

浜屋敷まちづくり交流会

落ち着いた歴史のある建物にオムツを持ち込んで
排泄サポート「ごきげんさん」の活動の説明とオムツのことを話しました。

持ち時間は15分、10分説明で5分が質疑応答と、事前に言われていたので、
昨夜パソコンを相手に練習をしていたのですが、やっぱりなかなかうまくしゃべれずに、
時間オーバー…(@_@;)

もっと焦点を絞って話しを組み立てないとなと、反省です

しかし、人に自分が考えていること・思っていることを伝えるのは難しいと実感しました。

今日伝えたかったことの1つは、「オムツを選び・使うためにはアセスメントが必要なんです。」
だったんです。

私としてはそれをしっかり言ったつもりだったんですが、イベントが終了してから

一人の女性が、

「私はヘルパーなんですが、さっき見せていたパッドを貰えませんか?」と来られました。

確かに大きなフラットタイプオムツと小さな高吸収のパッドを見せて同じ吸収量ですと

説明しましたが、

いろいろなオムツがあるので、アセスメントが必要と伝えたかったんです。


何か重要なポイントが伝わらず、物に引き付けられてしまわれたようで、とても残念でした。

少しお話しを伺いましたが、もっと詳しく状況を聞かないと物をお渡しできないと判断して

パッドをお渡しすることはしませんでした。


本当に困っておられる状況なら、電話なりメールなりでご連絡くだされば、なんとかお力になりたいのですが

連絡はあるのでしょうか?

もし、このブログを見て下さったら、ご連絡ください。

ご相談は無料です

勉強会 | 20:51:08 | トラックバック(1) | コメント(0)
ほんとに久しぶりで
もともとズボラな私がブログなんて柄ではなかったのですが、

つれづれのことや排泄の相談の様子を書きたいとはじめたものの、

やぱっり、気がつけば2ヶ月もほったらかし…

この2ヶ月何もなかったかというと、書こうと思ったことはいろいろありました。



続けていた東淀川排泄ケア研究会をこれからどうしようかという相談の会議を明日します。

一応毎月続けていたんですが、参加者がジリ貧でして(-_-;)

確かに介護は排泄のことだけ知っていればできるものではないので、

排泄のメカニズムとかのことばかりだと興味がなくなりますよね。

仕事を終わらせて、夜に2時間の時間を作るのもしんどいのかもしれませんね。

みんな疲れているし、勉強なんてしんどいようですね。


しかし、今回の介護保険の改正をみなさんどう捉えておられるんでしょうか?

訪問介護はかなりしんどいことになりますよね。

かなり辛口なことを批判されるのを承知で書くと、

訪問介護の生活援助の時間が短縮されて、仕事の減るヘルパーさんも出てくるわけですね。

しかし、今の介護保険制度のヘルパーがしている生活援助って

ヘルパーの専門性をもってしかできないことなんでしょうか?

掃除・洗濯・炊事・買い物などボランティアさんでも、ダスキンさんでも誰でもできるわけで

そこに専門性があるのかずっと疑問だったんです。

明日も生活3というプランのお宅の仕事をしますが、大阪では90分で3114円が事業所の収入になります。

利用者さんの負担は1割の311円です。90分家事をしてもらって311円だから利用されますが、

ご自分で3114円を払わないといけないのなら、90分の家事を頼むでしょうか?

ある医師の本を読んでいて、「日本では医療も介護も国民皆保険で安く使えるから、

国民のそれらに対するコストを考える意識が低い、

アメリカでは自分で保険を掛けて医療費も自己負担だからコスト意識が高い」と書いてあり、

すごく納得しました。

311円で90分家のことしてくれたらとってもお得のように感じるし、

それくらいでないと払えないんでしょうが、結局は誰か(税金・保険料)のお金を使っているんですよね。

これから国や地方自治体の財政事情が厳しくなっていくことが予想されるし、

高齢者人口はまだまだ増えて、介護の必要な人が増えてくるんです。

そういった財政難の中で、介護の専門性がさほど必要と思われない家事援助は

今後もどんどん削られることを予想しておいたほうがいいのかなって…(-_-;)

高齢者・障害者にとって生活援助が必要ないと言っている訳ではないんです。

そこに私達ヘルパーがしっかりした専門性を持っているかなと…??

ただプラン通りの家事をこなすお手伝いさんではなく、

人の心身のメカニズムを熟知し、制度にも詳しく、しかっり観察が出来て、相手の状態に応じた

介護の専門性を持った生活援助が出来ているのかなと??


身体介護もしかりです。

介護のプロとして仕事をするのなら、知識と技術を身に付けて仕事をしていかないと、

生き残れない世界になりつつあるように感じています。

訪問看護のナースや病院のPTやOTとしっかり連携の取れるヘルパーが求められています。

今年は介護職にも痰の吸引と経菅栄養の管理が解禁されました。

ナースの中には「そんなに難しくないよ」といわれる方もおられますが、

基本となる知識や受けてきた訓練が違うので、介護職はしっかりした知識と技術を身に付けないと

危険が伴います。

そういう意味でも、しっかり学ばないとヘルパーはプロとして生き残れないのかなあと…


介護職の中でも当然差別化されてくると感じています。

プロとしてしっかりした知識と技術を持って身体介護中心のケアができる介護職と

そうでない○○○と

差別化がおきてくるのはもう少し先になるでしょうが、

しんどくても今からしっかり準備しておかないと、気がついたときには「そんなあほな…」と


そういうことにならないために、みんなで勉強する会をどう作っていくか

しっかり相談してきたいと思います。

う~~ん、人に来てもらわないと意味ないし、

一ヶ月2時間で何が出来るか??

レポートを書いてもらうか??

システム作りが課題ですね(@_@;)







未分類 | 01:17:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
記事をさぼると…(@_@;)
ずいぶん更新をさぼっていました。

久しぶりに開けてみると、頼みもしないスポンサー広告が出ていたり、パスワードを忘れていたり…(@_@;)

なんとかアクセスできて、ほっとしました。


「ごきげんさん」は半分お休み状態で自主的活動は出来ていません。

今までにご縁があった方から、たま~に連絡をいただく程度です。

10月末に、いつも参加させてもらっている勉強会を主催しているケアネットワークの合宿に行き、

自分の目標がしっかり出来ていない甘さを確認してきました。

でも、よーく考える機会が持てたので、自分の今の実力で何ができるのか、少し道筋が見えてきたような気がしています。


で、今していることのご案内です。

東淀川排泄ケア研究会

日時 12月16日(金)19:00~21:00

場所 コミュニティ・スポット東淀川井高野よってっ亭(東淀川区北江口4-21-19)

テーマ 「刺激性下剤に頼らない自然な排便ケアを目指して」

今回は12月なので、少し飲み食いしようかと(^^♪

といっても、腸を整える食べ物・飲み物を試食して見ようかなと思っています。


これからレシピを探して、試作をしないと

あまりがんばって作ると食べすぎて、また家族にレッドカードを突きつけられるかもですね(笑)


随時、参加者からのご相談を受け賜って、サンプルをお渡ししたりしていますので、

もしお近くでご興味がある方は、覗いてみてください。

未分類 | 00:59:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
女性の排尿障害市民公開セミナー
女性の排尿障害市民公開セミナー

主催 ひまわり会 (女性尿失禁・骨盤臓器脱、元患者の会)

日時 9月3日(土) 13:30~15:30

場所 エル・おおさか(京阪・地下鉄谷町線 天満橋  地下鉄堺筋線 北浜)

講師 竹山政美先生

費用 500円

申し込み先 TEL 090-9103-5876

竹山先生は女性泌尿器科の専門医で、大阪中央病院で「女性のための泌尿器科外来」を開設され、

現在は梅田ガーデンシティ女性クリニックで、女性の骨盤底の不具合によって生じる疾患を専門的に治療されている方です。

今週の土曜日で迫っていますが、申し込みはまだ間に合うようです。

私も先ほど参加申し込みをしました




紹介 | 11:28:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。