■プロフィール

大阪のシノハラ

Author:大阪のシノハラ
排泄オタクの訪問ヘルパーです。

いただいたコメントは管理者の承認後公開になりますので、非公開希望のコメントやアドレスなどはロックをお願いいたします。

「ごきげんさん」連絡先
メールアドレス haisetu.gokigensan@gmail.com

電話 080-4248-8102
  (平日14時~17時、着信専用)

■セミナー・研修情報

告知・情報ご自由に書き込んでください  (問い合わせ先は明記で)

■最新記事
■リンク
■スケジュール帳
■最新コメント
■月別アーカイブ
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
引越し
きょうのカテゴリは相談日誌

まだ、何も相談を受けていないんですが。

「相談したいな~~」という人に

来ていただくための場所


作りに取り掛かっています。



知り合いにご好意で場所を貸していただくことになり、自宅や今まで借りていたレンタルボックスから、

オムツ類の引越しをしました。


最初は倉庫代わりにのみに場所をお借りするはずだったんですけれど、

空きスペースを見せていただいて

「これは、展示スペース兼用できるやん!!」って思いました。

「お願いしまーす」って、持ち主さんにごり押ししたおして、押し切り寄り倒し(笑)

どんどん進む私にちょっとひいておられたけれど、ありがたいことに理解していただきました。

あくまでもご好意で貸してくださるので、無茶なことはしないように、ご迷惑がかからないように、

気をつけて運営していこうと思っています。


引越しは車の運転が出来ない私をいつもの相棒がまたまた助けてくれました。

お家にあるバンを運転してきて、一緒に荷物を運んでくれました。

「いいねんよ~、スキでやってるし、迷惑ちゃうし」ってな感じです。

めっちゃ迷惑かけてるのに、嫌な顔なんて見たことがない。

勝手に考えて推し進めてきた「ごきげんさん」をいつも手伝ってくれて、相談に乗ってくれて

本当にありがたい相棒です。

彼女が何かをするときは絶対に手伝おうと思っています。



ぼちぼち片付けて、来ていただいても大丈夫な場所になったら、またお知らせをしたいと思います。



オムツやパッドだけで排泄のトラブルをすべて解決できるわけではありません。

でも、オムツ・パッド選びをお手伝いして、試用してもらって、使い方のアドバイスができれば

悩みが少なくなる方もおられると思います。



今までは電話やメールで相談を受けて、当てはまりそうな物を選んで

原付で持って出かけていたんですが、お会いして直接話しを伺うと、

まったく状況が違うということもよくあり、また持って行ってないものは

言葉では説明しにくかったので、相談を受けにくかったんです。



相談場所ができたら、いろいろな物を見ていただきながら話しができるので、

頑張って、でもぼちぼちと整えていこうと思っています(^^♪






















スポンサーサイト


相談日誌 | 13:51:27 | トラックバック(1) | コメント(5)
昨日の相談会
昨日、「ごきげんさん」第1回の相談会をしました。

相談会ではなく、個別相談になりました。

事前に連絡いただいた方お一人だけでの相談だったんです。

市報で案内をだしたり、チラシを作って機会があるごとに配ったり、

福祉用具の事業所のリーフレットに載せていただいたりしているんですが、

本当に反応がありません

こんなもんだと覚悟していたけれど、やっぱり敷居が高いんですね!


昨日のご相談は頻尿・失禁のご相談でした。

78歳 女性 泌尿器科受診されていて、残尿もなく、バップフォーを服用している、

とすらすらと説明されました。

「ここまでどうやってこられたんですか?」

「自転車よ、あ~暑い」

(冷たいお茶でも用意しておくんだった(ーー;)…)

「トイレにはどれくらいの間隔でいかれますか?」

「1時間くらいのときもあるし、4~5時間もつときもありますねん」

「せやけど、今まで2回間にあわないことがあってね…、夜中とか、外へ行くときは気になってねぇ…」

「漏れても大丈夫なパンツありませんか? 前に病院で買ったんはごわごわで分厚いんやわ」

というような感じで、

頻尿はかなり改善されていて、服薬しなくても大丈夫になっているが、やはり2回の失禁を気にしておられ、

何かないかと探しておられたことなどを伺いました。

サンプルとして用意してあった軽失禁用の布パンツ2サイズをトイレで試着していただきました。

と、「これいくらですか?買ってかえるわ!」


「新品なので構いませんが、その2枚はサイズ違いなので、どちらかのサイズを決めていただいたら、お店を紹介するか、買ってお届けしますが?」
(我が家とかなりお近くだったので)

「大丈夫、どっちも入るし、わざわざあんたに手間かけるのも悪いし、いいねんこれ気に入りましてん」

と実費をお支払いいただきました。

「せやけど、こんなこと人には言われへんし、ゆっくり話し聞いてもらってよかったわ」

で、最後に骨盤底筋体操を一緒にして、水分補給の仕方や膀胱機能訓練のお話などして、

軽失禁用パッドと資料をお渡しして… 終了ではなく

「今は要らんねんけどね、紙のパンツはないですか?」

「冬はやっぱり近いから、履きますねん!」

で、薄手のやわらかい製品をサンプルでお渡しすると、

「これは、いつも買うのよりええわ!また、寒くなったら相談にのってね」

で、終了しました。

まだまだお元気で、何でもよくご存知のかたでした。



話を聞いていて、やっぱり人にはなかなか相談しにくいのだと、強く感じました。

今後、相談会の設定を変更したほうがよいかも…と

相談にかかる費用や、場所や PRの仕方など、

試行錯誤しながらになるだろうけれど、でも続けていこうと思いました。



テーマ:福祉のイベント - ジャンル:福祉・ボランティア

相談日誌 | 17:35:53 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。