■プロフィール

大阪のシノハラ

Author:大阪のシノハラ
排泄オタクの訪問ヘルパーです。

いただいたコメントは管理者の承認後公開になりますので、非公開希望のコメントやアドレスなどはロックをお願いいたします。

「ごきげんさん」連絡先
メールアドレス haisetu.gokigensan@gmail.com

電話 080-4248-8102
  (平日14時~17時、着信専用)

■セミナー・研修情報

告知・情報ご自由に書き込んでください  (問い合わせ先は明記で)

■最新記事
■リンク
■スケジュール帳
■最新コメント
■月別アーカイブ
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
第2回講習会
うっかりアップしていなかったのですが、第2回講習会を以下のように行います。
ご興味がおありの方はメールをいただけたら幸いです。
タイトルは介護用おむつですが、できるだけ排泄のメカニズムやオムツ外しにつながる内容も入れるようにしたいと思っています。

介護用おむつの使い方講習会 

第2回講習会    

日時  11月14日(日)10:30~15:30

場所  豊一市民センター会議室 地下鉄御堂筋線江坂駅・阪急北千里線豊津駅より徒歩15分
    吹田市垂水町1丁目 53-7
(駐車場がありませんので、車でお越しになる方は事前にご連絡をお願いいたします。)

参加費 一般1000円 会員500円 (午前のみ、午後のみも可能、ただし参加費は同じ)

定員  25名

プログラム(予定)
午前の部 10:30~12:00
排尿・排便のメカニズム 排尿障害のタイプとその対応について 「残尿」ってどういうこと?
頻尿はどうしておこるの? 自然な排便と下剤について 認知症と排泄・人の気持ちと排泄について
膀胱内尿量測定機「ゆりりん」の説明とデモンストレーション 膀胱内尿量測定の実演

12:00~13:00 休憩 昼食は各自で
ランチョンセミナー  「動画で見る 介助動作とポジショニング」

午後の部 13:00~15:30
おむつの構造について おむつの選び方・使い方のポイント
【これだけはしないで!】という誤ったおむつの使い方
おむつ・パッドの使い方の実技
テープ止めおむつ+パッド パンツタイプおむつ+パッド ホルダーパンツ+パッド
拘縮のある方の場合 尿量の多い方の場合 皮膚トラブルのある方の場合

午後の部終了後、いろいろなおむつ・パッドのサンプル展示
おむつ・パッドのサンプル提供も可、(但し、事前連絡をお願いします)

☆ 施設周辺に飲食店が少ないので、必ず昼食と飲み物はご持参ください。
申し込み先 排泄サポート「ごきげんさん」 
電話 080-4248-8102(月~金 14~17時 20~21時)
メール haisetu.gokigensan@gmail.com
スポンサーサイト


講習会 | 23:28:52 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
JUNKOさんの所からきました☆
こんにちは~シノハラ様
笑福会リンクから寄らせてもらいました。
先日の神戸大会で、オムツ実践を見て以来とても興味を示してます。

私は、小規模多機能ホームにて勤務してますが、現場でも排泄トラブル多いので、一度勉強会にも参加したいと思ってます。
11月は仕事で参加出来そうになかったのですが
次回ありましたら是非参加したいです。
色々教えてくださいね。これからもよろしくお願いします。
2010-11-12 金 09:13:42 | URL | ときこ [編集]
Re: JUNKOさんの所からきました☆
ときこさま

コメントいただきありがとうございます。

私もときこさんのブログ拝見しています。

へ~そんな資格があるんや!と、いろいろ学ばれているんですね。

こちらこそいろいろ教えてください<m(__)m>

次回講習会は3月にするつもりでいます。

日程が決まれば、なるべく早くアップしますね。
2010-11-14 日 22:34:47 | URL | 大阪のシノハラ [編集]
排泄ケアの講習会はとても有意義でした
昨日はありがとうございました。
豊一センターで参加させて頂きました
ネットではあん(水川)という名前を使わせていただきます。
まだ、介護初心者ですが、大変勉強になりました。
先生とはちょっとしたお知り合いだったのもビックリでしたよe-241
これからも色々な知識を身につけて頑張りたいと思います。
どうか宜しくお願い致します。
2010-11-15 月 07:56:24 | URL | あん [編集]
ありがとうございました。
あんさん

本当に偶然で声を掛けていただいたときはびっくりいたしました。

家も近いので、私でお役に立つことがありましたら、いつでも声を掛けてください。

それと、先生ではなく介護のいろいろを一緒に学び・考える仲間と思ってください。

本当にどこにでもいるヘルパーおばさんですから(笑)

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2010-11-17 水 00:16:46 | URL | 大阪のシノハラ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。