■プロフィール

大阪のシノハラ

Author:大阪のシノハラ
排泄オタクの訪問ヘルパーです。

いただいたコメントは管理者の承認後公開になりますので、非公開希望のコメントやアドレスなどはロックをお願いいたします。

「ごきげんさん」連絡先
メールアドレス haisetu.gokigensan@gmail.com

電話 080-4248-8102
  (平日14時~17時、着信専用)

■セミナー・研修情報

告知・情報ご自由に書き込んでください  (問い合わせ先は明記で)

■最新記事
■リンク
■スケジュール帳
■最新コメント
■月別アーカイブ
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いつもながら
ずっとブログの更新をさぼっていました。
覗きに来てくださっている方に申し訳ないと思いながらも、頭の中が整理できず、書けませんでした。

で、第二回講習会のことから順番に一気に書こうかと思いました。

①11月14日(日)に「介護用おむつの使い方講習会」を行い11名の方が参加してくださいました。

今回の参加者は訪問介護の関係者が多く、介護家族さまは居られませんでした。

今回はパワーポイントもうまく作動し、排泄のメカニズムの説明などはまあまあスムーズに出来たかと思うのですが、「この際知っておいて頂きたい」という欲が出て、詰め込み過ぎて消化不良だったようですね。

アンケートでは概ね好評でしたが、「説明が早すぎた」「資料が欲しかった」というご意見が多かったです。

資料についてはあえて文字の多い資料は作りませんでした。

自分がいろいろな講習会やセミナーを受けても、あとで資料をなかなか読み返すことはせず、その時に集中して聞いていたセミナーの方が身になっていると思ったからです。学生のように期末テストなんてものがあれば時を置いて復習することもあるでしょうが、なかなか出来ませんね。

自分の思い込みかもしれないけれど、そういう意味で資料はぱっと見て把握しやすい内容にしました。

前回はメカニズムの説明をしている間、みなさん気持ちよく船をこいでおられて、マズイと感じていたので、

少し内容を変えたり、工夫してみました。

参加者の皆さんのメモを取るカリカリという音がして、眠っておられた方はほとんど居られなかったようでした。

その分、内容を詰め込みすぎました。

実技においても同じでした。

本当は参加者全員が体験できればよかったのですが、「見ててくださいね~」になってしまいました。

来年度はこのあたりを改善ポイントとして、変えていきたいと思っています。

②11月15日(月)は母の泌尿器科通院日でした。
かなり元気になってきたのですが、通院を強く拒否。
大喧嘩の末に私が尿検体をもって、クリニックに行き、とにかくお薬を出していただきました。
調子が良くなったのは薬が効いているからで、今薬を止めるとまた尿が出なくなるかもしれないのに、困りますね。
泌尿器科は通常の診察では、問診と尿の検査と超音波の検査ぐらいで痛くも怖くもないのに、嫌がられるようですね。

③11月16日(火)は仕事で訪問したご利用者さまの状態がよくなく、リハビリの通院が中止になりました。
とっても気にかかる方なんです。「ケアマネさんお願いします」って感じですね
自分の持っている資料は主任ヘルパーに渡して何とかなりませんか?と言いましたが、なんせしがない登録ヘルパーです。シャシャリでるとややこしいことになるので、精一杯です

④11月17日(水)(株)メッセージ主催の排泄ケアセミナーに行きました。
排尿管理の神様のような京都市立病院の上田先生とユニチャーム排泄ケア研究所の船津良夫さんの講演と
法人内から介護士3人の研究発表3題がありました。
両先生のお話は今までに何回か伺ってはいるものの、いろいろなデータを交えた内容はいつも勉強になります。

今回のお話でしっかり私のインプットされたのは、泌尿器科に通院が必要と思われる人の5%しか受診されておらず、残り95%は泌尿器科にかかっておられないということでした。
確かに私達が相談を受ける中でもオムツ・パッド・軽失禁パンツでは済まない人の相談が結構あります。
泌尿器科にと言うと相手の方の顔が曇ります。相談者が本人でも家族でも介護職でも同じです。


介護士さんの3題も良く出来てました。排泄ケアをしっかりしたアセスメントに基づいて行うと、ほんとに生活が変わることを実証された内容の発表でした。
こういう発表をいろいろな介護職の方に聞いていただき、排泄ケアの必要性を分かってもらえたらと思いました。

そして、こういうことが私が関わっている方々にチームケアで進めて行けたらと思いました。

それにはケアする人々が同じ思いが持てるように、理解していただけるように、一歩一歩だと思います。


これでやっと先週半ばまでですね。

毎日自分は書けなくても、定番で覗かせていただいているブログがいくつかあります。
みなさん内容の濃い文章を更新しておられ、いつも凄いな~と思います。
しっかりした文章を書くには、それだけ実力がないと書けないことがよく分かりました。

内容はともかくなるべく更新するよう努力します。


スポンサーサイト


未分類 | 16:02:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。