■プロフィール

大阪のシノハラ

Author:大阪のシノハラ
排泄オタクの訪問ヘルパーです。

いただいたコメントは管理者の承認後公開になりますので、非公開希望のコメントやアドレスなどはロックをお願いいたします。

「ごきげんさん」連絡先
メールアドレス haisetu.gokigensan@gmail.com

電話 080-4248-8102
  (平日14時~17時、着信専用)

■セミナー・研修情報

告知・情報ご自由に書き込んでください  (問い合わせ先は明記で)

■最新記事
■リンク
■スケジュール帳
■最新コメント
■月別アーカイブ
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
セラピストと介護職
知り合いの先生の紹介で地元吹田の作業療法士の先生に出会いました。

千里津雲台訪問看護ステーションの石山先生です。

訪問看護のほかに、自費での通所リハビリをされていたり、地域で役に立つためにといろいろな催しをされたりしておられます。

お話をうかがったり、書かれた文章を読ませていただいて、私が抱いている「介護職が成長すれば、もっと違う介護ができるのに…」という思いと重なる部分が多く、近いところにいろいろと介護職に教えてくださる先生が居られたんだと嬉しく感じました。

とくに「看護師やセラピストや介護職がやさしい気持ちを持つのはプロとして当たり前で、やさしさだけでなんとかできるとか、そんなものではなく、知識や技術が必要なんだ」と言われていたのがとても印象に残りました。

それで、千里津雲台訪問看護ステーションのホームページの「石山満夫のコラム」から少し文章を拝借してご紹介したいと思います。



 「ヘルパーは特殊な仕事です。身の回りのプライバシーに直接触れるだけでなく、人生や運命にかかわる特殊な専門職です。ボランティアとも違います。ボランティアとの違いは、有償である点、有資格である点だけでしょうか。私は、それだけではないと思います。嫌なことも仕事だからする、説明責任がある点が追加されると思います。特に説明責任では、ヘルパーのプロ意識が問われます。ヘルパーの思いやりや善意の気もちは、説明理由にならないことが大前提です。なぜなら、対人援助職のプロは思いやりや善意の気もちがあって当たり前で、それを口にしないことが一般的だからです。」


「ヘルパー業務が作業療法になる瞬間は無限にあり、作業療法を取り入れるとヘルパーとしての可能性が無限に広がると思います」

「そして志望動機となった「人のために役立ちたい」という気持ちが、どの職業にも共通する出発点だと思います。どの職業も極めれば「プロフェッショナル」であり、専門職だと思います。へルパーが専門職であることにプライドを持ち実力をつけていきましょう。」


本当にコラムに書いてある通りだと思います。ぜひコラム本文をご覧ください。
私達介護職は看護職やセラピストと違って即席に養成され、すぐさま現場に投入され、「自分達が考えながら仕事をすればご利用者さまが変わる」とか「自分達が学べば変えていけることがある」というような思いを持つ余裕もなく、「これぐらいのヘルパー業務なら誰でもできる」といわば使い捨て状態の中で働いているようにいつも感じます。

実際、私がヘルパーになりたての頃、一緒に車に乗っていたそのときの主任ヘルパーが道行くオバチャンを指さして「あの人にお願いしてヘルパー講習受けてもらったらすぐヘルパーは作れるのよ!そんなものよ!」と言っていました。

そのような状態で経験年数○年と言っても、基礎的な部分がしっかりしていなければ、いつまでたっても良い介護は出来ないように思います。

しかし、だからと言って、愚痴っているだけでは何も変わらないし、本当に介護の専門職として人の役に立つ仕事をするために、自分達が自ら変わるしかないと思っています。

安い給料でへとへとになるまで働いて、その上自分のお金と時間を使って、公的な資格にも結びつかない・給料が増えるわけでもない勉強をするのは、ばかばかしいかも知れません。

でも、自分達で道を拓かなければ、いつまで経っても使い捨ての人材でしかないし、高齢者や障害者の役に立ちたいという優しい気持ちも擦り減り、介護が3Kのきつい仕事としか感じれなくなるように思います。

介護現場は人手不足です。公的に認定されていない勉強をする時間があるなら、1日でも多く働いてほしいという事業所が多いでしょう。

教育システムが整っていないから、学びがどうしてもつぎはぎになります。

私自身もつぎはぎでしか学んでいなくて、しかも、質量ともにまったく足りていません。

知らないこと、出来ないこと、分からないことの方がずっと多いのですが、地域で手をつなげる方々と共にお互いに学び合い、支えあい、できる限りよい介護がしていけたらと願っています。





スポンサーサイト


紹介 | 15:12:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。