■プロフィール

大阪のシノハラ

Author:大阪のシノハラ
排泄オタクの訪問ヘルパーです。

いただいたコメントは管理者の承認後公開になりますので、非公開希望のコメントやアドレスなどはロックをお願いいたします。

「ごきげんさん」連絡先
メールアドレス haisetu.gokigensan@gmail.com

電話 080-4248-8102
  (平日14時~17時、着信専用)

■セミナー・研修情報

告知・情報ご自由に書き込んでください  (問い合わせ先は明記で)

■最新記事
■リンク
■スケジュール帳
■最新コメント
■月別アーカイブ
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東淀川排泄ケア研究会について
「東淀川排泄ケア研究会」

研究会なんて名前が付いたら、どんなすごいことをしているんだと思われそうですが、

何てことはない地域の介護職の自主勉強会です。


でもこの「地域の介護職の自主勉強会」というのが、ある意味すごいと思っています。


事業所の枠を越えて、職種も関係なしに、集まって勉強していこうなんて、

あるところにはあるでしょうが、探してもなかなか無いです。

大抵は事業所内での研修を受けるぐらいですね。

この会を立ち上げて、運営されている代表の方や世話役の方に本当にお礼を申し上げたいです。
(私は代表者でも世話役でもありません)




大阪(府も市も)は一般の介護職が受けれる公的研修がとっても少ない自治体です。

これは以前にも書きました。 高知福祉機器展~ 考えたこと

介護職に必要な知識やスキルはどこに住んでも同じなのに、そのための研修が乏しすぎます。

特に在宅ケアに関わってる人達は、事業所研修以外、なかなか勉強する機会がありません。


私は介護保険の始まった年にヘルパーの資格を取り、数年後介護福祉士の資格も取れたけれど、

仕事をする中で、分からないことや疑問に思うことがあっても、なかなかすっきり、「そうか!!」

と、理解できることは少なかったんです。

そういうことを解決するためにも、

知恵を出し合ってみんなで勉強する機会があればいいと思います。


もうひとつ


在宅での介護の仕事は、個別にしていることが多いんです。

利用者さんに対する個別ケアではなく、ある意味、デイサービス・ヘルパー・ケアマネージャー
・福祉用具・訪問看護・在宅診療所など

一人の利用者さんに別々の事業所がバラバラに関わっていることが多いんではないかと感じています。


「そんなことはない!、ケアプランがあり、事業所ごとに介護計画も作っているじゃないか、
 サービス提供者会議もしている」との反論もあるかもしれませんが、

たぶん、私が利用者だったら、各事業所がしっかりした連携を取って、同じ目標を持って、

情報を共有して、ケアしてもらっている と感じれないと思います。

これは現場のヘルパーの実感なんです。

同じ事業所のヘルパー同士でも他のヘルパーのしていることがなかなか分からないんですから…


その理由として

1、同じ時間に同じ場所でケアすることがないので、連携がとても取りづらい

2、ケアする内容が事業種ごとに違う(デイサービスとヘルパーではまったく違ったりする)ので、
  同じ目標や視点が持ちづらい

3、事業所が異なるので、情報の共有が難しい

4、ケアする側の知識やスキルがバラバラで、同じレベルのケアが提供できない


介護される方は一人なのに別々バラバラの介護が行われてる。


そういうことを解決するには、連携・チームケアしかないと思うのですが、

これが上の4つのことが原因で難しい!!

堂々めぐりか


そういう堂々めぐりに少しは穴をあけるために、

地域の勉強会というのは役にたつのではないかと思っています。


同じ時間に、同じ場所で、同じ内容を勉強している顔見知りが

チーム内にいると連携が取りやすいし、話も通じやすいです。

信頼を持って連携を取れるようになるには、時間がかかると思いますが、

毎月毎月、すこしづつ、各回がつながる様な勉強会を一緒にしていけば

困っていること、うまくいったことなど事例を出しあいながら、いろんな話しをしていけば

地域でつながる輪が出来るのではないかと思っています。


今のところは、私が学んできたことを伝えて、みんなで考えるというような、

「伝達講習」のようなことをしていますが、

テーマは限りなくあり、勉強会に「排泄」と名前がついていても、

排泄以外の介護にかかわることも

少しづつ、丁寧に、仲間を作りながら、地域で学んでいこうという、そういう会です。


安・近・短

安い・近い・短い

お金がない

遠くまで行く暇がない

疲れていて長い時間はしんどい


でも、学びたい、学ぶ必要があると思っている

そういう介護職の方々と一緒に学んでいきたいと思っています。



今後、うまく続けば、いろんな得意分野をお持ちの方に伝達講習していただいてもいいし、

どなたか先生に講師に来ていただいてもいいし、

いろんな事ができると思います。


まずは勉強会を継続して、いっしょに学ぶメンバーをふやし、体制を整えることだと思っています。


毎月第3金曜日 19:00~


今月は7月15日(金)19:00~ 東淀川区井高野「寄ってって亭」 無料

1、ナチュラルハートフルケア・ネットワーク勉強会「チームケアで必要なこと」
  で学んできたことを伝え、チームケアについてのグループワークをする

2、排尿のメカニズムとトラブルの対応


地域を強調した書き方になりましたが、地域以外のネットワークももちろんあったほうがいいです。

それぞれの持ち味を生かして、それぞれを支援する、

そういうネットワークがあればいいなぁ

ですので、

東淀川区以外の方でも、ご興味がある方はぜひご連絡ください。











スポンサーサイト


勉強会 | 17:27:04 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ほー
おいらんところと名前がにてますね^^

なかなか研修にいかないですよねぇ。
機会があってもやんない。
なんかどうどうめぐりが多いなと最近感じます
2011-07-16 土 16:40:25 | URL | きみきみ [編集]
ほんとに
私なんかがね~、勉強会を仕切っちゃほんとはいけないんだ。
だって実力がないんだから(-_-;)

だけど、まわりの介護職さんを研修やセミナーに誘っても、一緒に行ってくれる人いないんです。

それなのに、みなさん「できない」「分からない」「知らなかった」とおっしゃる。

だから、仕方なしの、伝達講習です(~_~)

安・近・短の安・近はいいけど、本当は短は良くないんです。

もともとが、介護職の資格のための学びはうすいんだから、短では足らない。

でも、短でないと、皆さんもたないし、続かないし、時間が作れない!!

やっぱり、どうどうめぐりです。

あと何年後かには、訪問介護の生活援助の部分はヘルパー資格なんて要らなくなるかもしれないのに。

ヘルパーさんはしっかり今から、自分で実力付けないと、介護保険から締め出されるって事に

気づいてないんだ!!
2011-07-19 火 15:55:48 | URL | 大阪のシノハラ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。