■プロフィール

大阪のシノハラ

Author:大阪のシノハラ
排泄オタクの訪問ヘルパーです。

いただいたコメントは管理者の承認後公開になりますので、非公開希望のコメントやアドレスなどはロックをお願いいたします。

「ごきげんさん」連絡先
メールアドレス haisetu.gokigensan@gmail.com

電話 080-4248-8102
  (平日14時~17時、着信専用)

■セミナー・研修情報

告知・情報ご自由に書き込んでください  (問い合わせ先は明記で)

■最新記事
■リンク
■スケジュール帳
■最新コメント
■月別アーカイブ
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
そけい部って、どこ?
そけい部

オムツやパッドの当て方を説明するときによく使います。

「オムツやパッドの立体ギャザーはそけいに添わせて」って

でも、それでうまく伝わっているのかちょっと疑問でした。


先日ある勉強会に参加したところ、PTさんが「ダイテンシって言ったら、施設のワーカーさんは大天使って書いてね」って話されていました

それで「オイオイ」とかって偉そうに言ってた訳ですが、

話の発端は私が「肉付きの良い方が臥位のとき、大転子が分かりにくいんです」って言ったことだったんです。

やさしいPTさんは親切に教えてくださいましたが、

結局私も分かってないやん!!って話しなんです…


その時、人にそけい部っていう言葉は通じているのかな?って思ったんです。


それで、ほっとやさんのリハセミナーでは「そけい部は下着のショーツやブリーフの股ぐりが当たる部分です」って言ってみました。

老老介護のご家族様に「そけい部に立体ギャザーを…」は理解しにくいですね。

でも在宅介護の場合は排泄ケアも結局家族様がされる場合も多いです。


やっぱり、誰にでも分かる言葉や図や画像で伝えることはとても大切だと思います。

オムツやパッドが専門職しか扱えないものでは困るんです。

介護は専門職だけがするものではなく、介護なんて考えたこともしたこともない家族が

突然する羽目になるんですから、言葉・図・画像で使い方が分かる工夫が要ると思います。

伝え方や言葉は難しいですね!!







スポンサーサイト


テーマ:介護 - ジャンル:福祉・ボランティア

未分類 | 14:50:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。