■プロフィール

大阪のシノハラ

Author:大阪のシノハラ
排泄オタクの訪問ヘルパーです。

いただいたコメントは管理者の承認後公開になりますので、非公開希望のコメントやアドレスなどはロックをお願いいたします。

「ごきげんさん」連絡先
メールアドレス haisetu.gokigensan@gmail.com

電話 080-4248-8102
  (平日14時~17時、着信専用)

■セミナー・研修情報

告知・情報ご自由に書き込んでください  (問い合わせ先は明記で)

■最新記事
■リンク
■スケジュール帳
■最新コメント
■月別アーカイブ
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
闘わない!!
昨日は身体介助技術の勉強会でした。

メインは技術だけど、技術だけではなく、姿勢、福祉用具、ネットワーク、コミニュケーション、……etc

さまざまなものをいただける勉強会です。

押しかけ参加させていただくようになって、2年なんですが、介護に対する見方・考え方がずいぶん変わったと、

自分でも感じています。


実技の練習の合間や休憩やミーティングのときの、先生や仲間の話しがボディブローのようにじわじわと効いてきます。

現場で動いているときに、本やネットで学んでいるときに、

ふと、「あっ!!」あのときの話し!!って感じで自分の中に入ってきます。



介護職は本当に教育される時間が短く現場に出ていきます。

ヘルパー2級は130時間の講習で無試験で資格を取れます。

自分の力だけで生活するのが大変になった方々を支えていく仕事だから、

本当はとってもたくさんのことを学び・習得しないと出来ないのに、

どんな仕事?ぐらいを学んだだけで現場にでるのだから、大変なんです。

その後は月1回有るか無いかの職場研修を受けるくらいです。

介護福祉士の資格を取ってもそんな感じなんです。


排泄のメカニズムやオムツの使い方も知っているようで知らない方が多いです。

だから、ついつい少し分かってくると(本当はまだ分かっていない)、分かっていない人と闘うことになります。

「んん!それは利用者に合ってないやん!」
「私の話しを聞いてよ、分かってよ!」 
と…(-_-;)

でもそれはたまたま自分が知っているだけなんです。

まだまだ自分も出来ない知らないことのほうが多いんです。

なのに、分かっている出来ることが少しあると、ついつい…


自分だけが出来ても、知っていても、何の力も無いし、何も出来ないんです。

どんな仕事をするにも、自分だけで出来ることなんて限られています。

みんなで少しづつでも、底上げしていかないと意味がないんだと、

昨日の勉強会に参加して、いろんな話しを聞いていて、感じました。



で、そんなことを考えていると、

ほぼ日にこんな記事が


以下は、またまた、ほぼ日刊イトイ新聞
からの引用です。

・生まれてこのかた、なんどもなんども、
 「北風と太陽」のたとえ話を聞いてきました。
 ぼくばかりでなく、誰でもが、
 「北風」のように力ずくで従わせるのではなく、
 「太陽」のように、相手の意思で結果を実らせようと、
 そう思ったことがあるにちがいありません。
 
 でも、世の中には「北風」の方法ばかりが目立ちます。
 「北風」のやり方のほうが、とてもわかりやすいし、
 うまくすれば手っ取り早いし、コストも安そうです。
 早い話が、「なぐるぞ」と言うことを聞かせるのが、
 もっとも安上がりで手間いらずの方法なのです。

 「太陽」のようにやるには、知恵が要ります。
 しかも、おそらく時間もかかります。
 成功するまでに、結果が想像しにくいとも言えます。
 でも、「太陽」のようにやるほうが、
 やっぱりうまくいくのだと、ぼくは思っています。
 人間は、なっとくのいかないことについては、
 本気でやらないものだからです。
 また、人間は、心からいやだと思うことについては、
 死んでもそこから逃げようとするものだからです。
 
 ぼくは、この「北風と太陽」のたとえ話を、
 ひとつの道具を差し出すように、ここに置きました。

 本気でなにかを実現したいと思うなら、
 たくさんの人と手を結び、力を合わせる必要があります。
 単純な判断で、敵と味方を分けてしまって、
 敵を叩くことばかりじょうずになったりしても、
 大きな力は生み出せないし、
 ほんとうに人々がよろこぶことはできないでしょう。
 
 「敵」に分類してしまった相手には、
 なにを言ってもいい、どんな目に合わせてもいい‥‥
 というようなやり方で、うまく行くことはありません。
 ぼくのなかにも、正直に言えば、
 もちろん「北風」的な発想は残っています。
 だけど「北風」のようには、ふるまってないはずです。
 なんとか「太陽」のやり方を、追いかけたいからです。

今日も「ほぼ日」に来てくれて、ありがとうございます。
8月が終らんとしているいま、さまざまなざわめきが‥‥。  


北風になるのではなく(なっても微風ですが)、太陽の手伝いができるように

自分を戒めていきたいです。


ただし、闘わないことと、馴れ合い・なあなあと仲良しごっこをすることは、まったくちがうと思っています。

闘わないためには、もっと学び・考える必要があること、人と仲良くすること、これが大切だと思っています。


いい加減で、ずぼらで、ルーズで、ナマケモノで、面倒くさがりで、フットワークの悪い(かなりカブッテマス)
の私は


分かっちゃいるんだけれど…ということもたくさんあります。

昨日の実技のベッド上でも、履いていた靴下の片一方が裏返しで…
しかも、使い古しのゆるゆる靴下が、体の回転とともに、グジュグジュとズレて、かかとの部分が甲に回り

次回の勉強会は靴下リベンジです(笑)



スポンサーサイト


勉強会 | 17:33:07 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
伝えるってむずかしいですよね

でも下手でもいいから
伝えることが必要な気がします
介護職は今まで言わなさすぎたのでw
2011-08-30 火 00:33:53 | URL | きみきみ [編集]
きみきみさんへ
いつもコメントありがとうございます<m(__)m>

本当に伝えることは難しいですね。

良かれと思って言ったことで誤解を受けたり、

攻撃されたと勘違いされたり、

「偉そうに!」と思われたり。

私は空気を読めないし、ついつい言い過ぎてしまうので、ダメなんですが、

少しでも分かっていただけるように、興味を持っていただけるようにと、思っています。

私の場合はまずは性格の歪みを治さないとですが…(^_^;)
2011-08-30 火 09:38:12 | URL | 大阪のシノハラ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。